料理初心者がまず作るべきメニューと失敗しないメニュー7選!

料理を始めたばかりでどんなメニューから始めていいのかわからない・・・

自炊を始めたいけど失敗しない定番メニューがわからない・・・

料理初心者なので、どんな調理道具をそろえればいいのかわからない・・・

料理本は沢山あるけど、どんなものを読んだらいいのかわからない・・・

という悩みを持たれている人に「料理初心者がまず作るべきメニューと失敗しないメニュー7選!おすすめ本もわかる!」について書いています。

 

この記事を読むと、

料理初心者が初めに作るメニューがわかる。

失敗しない定番メニューを知ることが出来る。

料理初心者がそろえる最低限の調理道具がわかる。

料理初心者が読むべきおすすめ料理本を知ることができる。

これまで、このブログの管理人はクックパッドにレシピを100品以上公開してきましたし、クックパッドの総アクセス数は80万件を超えています。(今でも毎日15,000~17,000のアクセスがあります。)

なので、料理初心者が簡単に作れるメニューのアドバイスができる根拠になると思います。

 

この記事の内容

1.料理初心者が初めに作るべきメニューとは?

2.料理初心者でも失敗しない定番メニュー

3.料理初心者がそろえる最低限の調理道具

4.料理初心者が読むべきおすすめ料理本

 

1.料理初心者が初めに作るべきメニューとは?

1-1.自分が大好きなメニュー

料理初心者がまず始めに作るべきメニュー通しては、自分が大好きな好物のメニューを作ってみるのがおすすめです。

なぜかというと、自分の大好物ならきちんとした「美味しい」「美味しくない」の判断が自分でできるからです。

自分が作った料理が成功したのか失敗したのかわからないと元も子もありません。

失敗しても自分でこれは失敗だなと感じれる方が、「次回はもっと頑張ろう!」と反省してやる気も出るからです。

 

例えば、あなたがカレーが大好きだとします。

大好きなカレーなら美味しくできたか、失敗してしまったかわかりますよね?

そして大好きなメニューは、ある程度作り方も事前にわかっていることが多いからです。

 

「このメニュー、大好きだけど作り方が全く分からない・・・」って人ってあまりいないですよね。笑)

大好物のメニューを作るメリットは、「正解がわかる」ことと「作り方が事前に把握できている」からです。

 

しかし、中には「大好物がパエリアです。」っていう人もいることでしょう。

パエリアは、料理初心者にとってはちょっと難しいメニューです。

そんな時はどうすればいいのか?

 

それは、「もっと簡単な好物を思い出してみる」ことです。笑)

好きな食べ物がたった一つという人はまずいないので、他にも好きなメニューがないか思い出してみてください。

 

 

 

1-2.あなたの中のおふくろの味

初心者が始めて作るメニューとしては、「おふくろの味」もおすすめです。

理由としては、前項の好物の場合があることが多いことと、「作り方やレシピを母親」から聞けるからです。

 

例えば、「おふくろの味」として有名な「肉じゃが」を例にとってみても、多くの作り方やレシピが存在します。

意外と、母親に聞いてみてら「ビックリするような裏技や隠し味を使っていた!」なんてことはよくありますよ。笑)

男性の既婚者の方でこれから料理を始める方は、奥さんでもいいので聞いてみてください。

長年、料理を作っている「母は強し」と感じますよ!

 

 

 

1-3.調理工程が少ないメニュー

料理初心者が初めに作るメニューとしておすすめなのは、「調理工程が少ないメニュー」です。

多くの工程がある料理は、初心者が始めて作るメニューとしては、テンパってしまうのでおすすめできません。

 

例えば、「包丁を使わずに作れるメニュー」や「フライパンを使わずに作れるメニュー」「オーブンに入れて焼くだけのメニュー」など、工程が少ないメニューはたくさんあります。

そういったメニューから選んで作ると、まず失敗はしにくくなると思います。

そうすると料理に対するハードルが下がり、料理をすることが楽しくなってきます。

 

しかし、作業工程が少ないと「それは料理とは言わない!」と思う方もいると思います。
「ただ、切っただけじゃん!」
「ただ、焼いただけじゃん!」

 

しかし、少ない工程でも立派な料理です。

料理は手の込んだものの方が良いという訳ではありません。

あなた自身が「料理を作った」と感じたのであれば、立派な料理になるんです。

手間をかけた分だけ美味しく出来上がるとは限りませんので!

 

 

 

1-4.味付けが簡単なメニュー

料理初心者が初めに作るメニューとしておすすめなのは、「味付けが簡単なメニュー」です。

料理初心者の頃の失敗は焼きすぎたりするか、味付けに失敗することがほとんどです。

失敗を防ぐためにも味付けが簡単なメニューを選ぶことで、大きな失敗をすることが少なくなります。

 

例えば、味付けが塩コショウのみのレシピや醤油などをベースにした簡単な味付けのメニューや、分量が「適量」などの表記がない、きちんと決まっているメニューなどを選ぶようにしましょう。

 

 

 

1-5.材料費が安く済むメニュー

料理初心者が初めに作るメニューとしておすすめなのは、「材料費が安く済むメニュー」です。

材料費が少ないメニューを選ぶ理由としては、失敗したとしても何度も作れることができるからです。

 

例えばいきなりローストビーフなどに挑戦したとしても、牛肉は高いので何度も挑戦するのはちょっと・・・となりますよね?

しかし、野菜がメインの料理などでは食材費が数十円~数百円で出来るので、失敗したとしても何度も挑戦できるからです。

 

 

 

1-6.クックパッドをフル活用する

料理初心者が初めに作るメニューとしてポイントなのは、「クックパッドをフル活用する」です。

クックパッドでは300万件のレシピが掲載されていて、簡単に作れる初心者向きのレシピも多く掲載されています。

 

例えば、検索窓の中に「簡単」や「時短」などのキーワードを入力すると、簡単なレシピや早く作れるレシピなどを探すことができます。

また、クックパッドでは「つくれぽ」という機能があり、参考にしたレシピの投稿者へ自分が作った料理の写真とコメントを送ることができます。

失敗したとしても送れば、アドバイスなどを返信してくれる投稿者もいるのでとても便利です。

また、自分が作った料理を人に見られているという心理も料理を作る上でのモチベーションアップにつながるので、おすすめの方法です。

 

 

 

 

2.料理初心者でも失敗しない定番メニュー

ここでは、「料理初心者でも失敗しない定番メニュー」をご紹介します。

管理人が過去にクックパッドに公開した100件以上のメニューの中から、初心者でも失敗しにくいメニューを選びました。

厳選7レシピですので、まずはこの中からどれか1つ作ってみましょう。

 

 

2-1.ポテトサラダ

定番料理のポテトサラダです。

このメニューは、味付けさえしっかりと計って作れば失敗しにくいメニューです。

また、具材は後からのせるレシピにしているので、アレンジも簡単にできます。
レシピはこちら

 

 

2-2.アンチョビポテト

続いては「アンチョビポテト」です。

いきなりアンチョビって聞くと難しそうな気がするかもしれませんが、塩気の多いアンチョビは調味料を追加することがあまりないので、意外と使いやすい食材です。

このメニューもほとんど味付けしないので、初心者におすすめのメニューです。
レシピはこちら

 

 

2-3.じゃがバターめんたい

「じゃがバターめんたい」も初心者におすすめのレシピです。

電子レンジで温めたじゃがいもにめんたいこをのせるだけの簡単なレシピです。

簡単な割にはとっても美味しいレシピですよ!
レシピはこちら

 

 

2-4.鶏チャーシュー

この「鶏チャーシュー」は特に簡単なレシピです。

切り分けの時しか包丁は使いません。

火も弱火で行うため、初心者に向いているレシピです。

細かく刻んで、ごはんの上にかければ食欲の増すチャーシュー丼が楽しめます!
レシピはこちら

 

 

2-5.こんにゃくの甘辛煮

定番のおかず「こんにゃくの甘辛煮」です。

こんにゃくが安いので失敗しても何度でも挑戦できるレシピです。

また、冷蔵庫で1週間の保存ができるのでお弁当のおかずとしてもおすすめのレシピです。
レシピはこちら

 

 

2-6.そぼろ丼

初心者におすすめの「炒りたまご」と「そぼろ」を一緒にごはんにのせてるだけのそぼろ丼も料理初心者にはおすすめのレシピですよ!

別々に作るので、手間と思うかもしれませんが、1つのフライパンで作れるので簡単です。
レシピはこちら

 

 

2-7.さつまいものレモン煮

切って煮込むだけの「さつまいものレモン煮」もおすすめのレシピです。

冷蔵保存と冷凍保存、どちらもできるのでまとめて作っておきたいレシピです。
レシピはこちら

 

 

 

3.料理初心者がそろえる最低限の調理道具

料理初心者にとって調理道具は欠かせません。

調理道具によって、料理の味が変わってきたりします。

きちんとした調理道具を選んで美味しい料理を作っていきましょう。

ここでは、初心者が最低限そろえておくべき調理道具をご紹介します。

 

 

3-1.包丁

 

私が積極的に自炊をするようになったキッカケはいい包丁を買ってからです。

切れやすい包丁を使うと料理が楽しくなってきますよ。

逆に切れにくい包丁だと、面倒に感じてしまい自分で料理するよりも楽と言う事で、結果的に、お惣菜やコンビニ弁当、外食中心になってしまいます。

ですから、包丁だけはそこそこいいものを購入した方がいいと思います。

欲を言えば、三得包丁(16cm~18cm)と小さいペティナイフがあれば十分です。

 

 

3-2.まな板

 

包丁とセットで持っておくべきアイテムがまな板です。

まな板はきちんと管理しておかないと、ばい菌だらけになってしまいますから気を付けましょう。

おすすめは桐のまな板ですね。

速乾性に優れているので、ばい菌の増殖を防いでくれます。

 

 

3-3.フライパン

 

フライパンも料理初心者には欠かせない調理器具です。

焼く、炒める、煮るなど様々な調理がフライパンでできます。

フライパンだけで料理ができる本なども発売されていますので、便利です。

また、サイズは一人用の20cm程度とまとめて作る用の24cm~26cm程度の2種類ほど持っておくと便利ですよ!

一緒にフタも購入しておくと、調理方法の幅が広がりますのでおすすめです。

 

 

3-4.鍋

 

鍋はみそ汁やカレー、パスタを茹でたりと大活躍します。

出来たら大きいものと小さいもの2種類欲しいところですが、最初は小さいものが一つあれば十分だと思います。

頻繁に使いようになってから、もう1つ購入してみましょうね。

 

 

3-5.お玉

 

スープやおみそ汁をつくる時に欠かせないお玉。

こちらも100円ショップなどの安いもので事足ります。

 

 

3-6.木べら

 

食材を混ぜる時に使います。

100円ショップでも売られています。

 

 

3-7.ザル

 

茹でた野菜やパスタなどの水切りで必要になってきます。

持ち手がある方が使いやすいのでそちらがおすすめです。

 

 

3-8.ピーラー

 

まだ、包丁のあつかいになれてない時の、野菜や果物の皮むきはとても危険です。

ですので簡単に皮むきができるピーラ―も欠かせない調理器具のひとつです。

100円ショップなどにもありますのでそちらでもOK!

 

 

3-9.計量道具(計量スプーン・計量カップ・計量器)

これはかなり重要です。

料理上手な人は目分量で測ったりしますが、僕はおすすめしません。

きちんとレシピ通りの分量で測ることで、失敗を防ぐことが出来るので、決して目分量ではなく、計量スプーン・計量カップ・計量器を使って食材や調味料の量を計りましょう。

計量器はデジタルのものの方が使いやすいのでおすすめです。

 

 

 

4.料理初心者が読むべきおすすめ料理本

料理初心者は何もわからない状態です。

最初の方はレシピ本や料理本などを見ながら、レシピや料理についての基礎知識などを知りましょう。

料理初心者におすすめの本をいくつかご紹介しますので、参考にしてください。

 

 

4-1.男めし入門 60からの手習い

この本は、定年退職などを機に必要に迫られて家で料理をしなければならなくなった男性に向けて、本当に「理解しやすい」「使いやすい」家庭料理の入門書です。

この本を書いた加藤先生は20年以上に渡り、シニア男性向けの料理教室の講師を務めてきました。

シニア男性が料理を始める際に「どこでつまずくのか」、「間違えるのか」を熟知されており、指導されています。

評判が評判を呼び、今では入会待ちの方が列をなす人気の料理教室となりました。

この本は、その見地に基づいた一冊です。

もちろん、若い男性の料理初心者でもわかりやすくなっています。

 

 

4-2.行列のできる定食屋 「菱田屋の男メシ! 」

東京・駒場東大前で100年続く「菱田屋」は、つねに満員の定食屋さんです。

しょうが焼き、から揚げなどの定番から、名店文琳に学んだ中華、ハンバーグなどの洋食まで、白めしが進んで困る絶品レシピばかりです。

だれもがとりこになる菱田屋めし計53点が掲載されていますのでおススメです。

 

 

4-3.料理の基本 (ORANGE PAGE BOOKS 男子厨房に入る)

料理用語が分からない、野菜の切り方を知らない、肉の部位が選べない……

レシピ以前の、料理の疑問も親切に解説しています。

肉や野菜の下ごしらえから、調味料の説明、火加減、ご飯の炊き方など、大きな写真とシンプルな構成でわかりやすく紹介されています。

料理初心者はもちろん、もっとおいしく作れるようになりたい、基本を再確認したいひとにもおすすめです。

レシピ本とは別に、手元においておくと疑問が出たときに役立つ一冊です。