料理が上手くなりたい男性がやるべきたった3つのこと!

この記事では、

自炊のため美味しい料理を作りたい。

彼女や奥さんに美味しい料理を作ってあげたい。

料理上手になってモテたい。

という悩みを持たれている人に「料理が上手くなりたい男性がやるべきたった3つのこと!」について書いています。

この記事を読むと、

料理の基礎を理解して料理上手になれる。

彼女や奥さんから美味しいと喜ばれる。

料理のレパートリーが増える。

 

この記事を書いている管理人は、実際にクックパッドに100件近くのレシピを公開していて、クックパッドの総アクセス数は30万件を超えます。

実際に料理もしていないのに記事だけを書いている他のサイトとは違いますので、信憑性のある記事だと思います。

この記事の内容

1.料理上手になれる3つのポイント

2.料理が上手くなりたい男性へおすすめの料理本

 

 

1.料理上手になれる3つのポイント

1-1きちんとした道具をそろえる。

料理上手になる上で一番にすることはきちんとした道具をそろえる事です。

 

料理をするやる気だけでは、もちろん料理は作れません。

ある程度の調理道具は必要です。

 

具体的にどんな道具をそろえればいいのか?

最低限持っていた方が良い調理道具について以前書いていますので、具体的にはこちらの記事を参考にして下さい。

料理初心者が持っておきたい調理器具9選!

 

また、男性におすすめなんですが、包丁は100円ショップなどで売られているものではなく、ある程度切れ味のいい包丁がおすすめです。

良く切れる包丁だと料理が楽しくなります。

私もいい包丁を使い出してから、毎日料理をするようになりました。

 

1-2料理本でしっかりと基礎を身に付ける。

料理の基礎をしっかりと見に付けるためにも、料理本は欠かせません。

 

料理の基礎がしっかりと見に付いていないと上達もしないし、失敗が続くことで料理を作る関心さえなくなってしまい、料理をしなくなってしまう可能性があるからです。

 

具体的におすすめな本は以下の「おすすめの料理本」の項目でご紹介します。

ただ、料理本を買う際に気を付けて欲しいことが1点あります。

それは、レシピ本を買わない事です。レシピ本とは、料理の基礎(切り方や用語など)が載っていない、料理の基礎は出来て当たり前なレシピだけを掲載した本です。

 

こういったレシピ本はある程度、料理の基礎が出来てから買うようにしましょう。

最初はレシピ本ではなく、料理の基礎が書かれている料理本を買うようにすると、料理の上達も早いですよ。

 

1-3クックパッドを活用する。

続いてのポイントはクックパッドを活用する事です。料理上手になるにはクックパッドを活用すると良いですよ。

クックパッドはこちら

 

クックパッドでは現在、315万件のレシピが公開されているからです。(2019年8月現在)しかも日に日にレシピの数は増えていきます。

 

またプレミアム会員(280円/月)になると人気の高いレシピも見れますし、プラス100円/月でプロのレシピを見ることが出来るのでお得です。2つ合わせて登録したとしても、毎月400円ほどです。毎月料理の本を買うよりも安くあげられます。

 

しかし、いきなりクックパッドにレシピを掲載するのは、料理初心者には抵抗がありますよね?

 

そこでおすすめなのが「つくれぽ」という機能です。つくれぽは公開しているレシピをそのまま作ってみて、美味しく出来たよ!とレシピの公開をした人にレポートするという機能です。

 

これなら、自分でレシピを考える必要もなく、人に見られているという緊張感をもって料理を作ることができます。

特に登録する必要はなく、無料でできる機能なのでおすすめですよ。

相手から、返信があると自分のモチベーションもあがるので一石二鳥です。

 

2.男性の料理初心者におすすめの本

2-1男めし入門 60からの手習い

この本は、定年退職などを機に必要に迫られて家で料理をしなければならなくなった男性に向けて、本当に「理解しやすい」「使いやすい」家庭料理の入門書です。

この本を書いた加藤先生は20年以上に渡り、シニア男性向けの料理教室の講師を務めてきました。

シニア男性が料理を始める際に「どこでつまずくのか」、「間違えるのか」を熟知されており、指導されています。

評判が評判を呼び、今では入会待ちの方が列をなす人気の料理教室となりました。

この本は、その見地に基づいた一冊です。

もちろん、若い男性の料理初心者でもわかりやすくなっています。

 

2-2行列のできる定食屋 「菱田屋の男メシ! 」

東京・駒場東大前で100年続く「菱田屋」は、つねに満員の定食屋さんです。

しょうが焼き、から揚げなどの定番から、名店文琳に学んだ中華、

ハンバーグなどの洋食まで、白めしが進んで困る絶品レシピばかりです。

だれもがとりこになる菱田屋めし計53点が掲載されていますのでおススメです。

 

 

 

2-3料理の基本 (ORANGE PAGE BOOKS 男子厨房に入る)

料理用語が分からない、野菜の切り方を知らない、肉の部位が選べない……

レシピ以前の、料理の疑問も親切に解説しています。

 

肉や野菜の下ごしらえから、調味料の説明、火加減、ご飯の炊き方など、大きな写真とシンプルな構成でわかりやすく紹介されています。

料理初心者はもちろん、もっとおいしく作れるようになりたい、基本を再確認したいひとにもおすすめです。

レシピ本とは別に、手元においておくと疑問が出たときに役立つ一冊です。