【実際に使った】アルミフライパンの使い方とおすすめの商品を紹介!


せっかく購入したアルミフライパンを駄目にしたくない。

これからアルミフライパンの購入を検討しているけど、どういう使い方をしていいのかわからない。

アルミフライパンは扱いにくい!

アルミフライパンは面倒!

そんな印象を持っている人も少なくないと思います。

 

プロ専用のフライパンで一般家庭で使用するものではないというイメージもあると思います。

しかし、アルミフライパンはきちんとした使い方をすれば、テフロン加工のフライパンの様に何度も買い替える必要がなく、一生使えるフライパンです。

 

また、シルバーで色もかっこいいので、ここ数年の間で家庭でもアルミフライパンを使う人が増えています。

この記事でアルミフライパンのことをもっと知って悩みを解決しましょう。

 

この記事を読むと、

購入したアルミフライパンを無駄にする事なく、活用できる。

使い方を理解することで、これから自分に合ったアルミフライパンを購入することができる。

 

この記事は、実際に管理人がアルミフライパンを購入して使ってみた感想にもとづいて記事を書いています。

ネットで調べただけでアルミフライパンを使ったことがない人の記事とは違いますからね!

 

この記事の内容

1.アルミフライパンの基本的な使い方

2.おすすめのアルミフライパン

 

1.アルミフライパンの基本的な使い方

1-1使う前の手入れ

アルミフライパンは購入してからすぐに使いたいですよね?

でもちょっと待った!

アルミフライパンは使う前に手入れをする必要があるんです。

 

そのまま使ってしまうとなぜだめなのか?

実はアルミフライパンはそのまま使ってしまうと、黒く変色してしまう可能性があるからです。

 

では、どうすればいいのか?

アルミフライパンをアルカリや酸から守り、変色防止のためにお米のとぎ汁やくず野菜を一緒にに立たせます。

この手入れをことで、黒く変色するのを防ぐことができます。

 

 

1-2油ならし

アルミフライパンは使うたびに油ならしをする必要があります。

 

なぜ油ならしが必要なのか?

油ならしを行うことで、食材がフライパンにくっつくことを防ぎます。

 

方法としては、フライパンを火にかけたら、油とひいて全体に隙間なく広げます。

こうすることで、アルミフライパンに食材はくっつくことを防げます。

 

 

1-3使用した後の洗い方

アルミフライパンは使用した後は、スポンジを使い水やお湯で洗います。

鉄のフライパンと違い、中性洗剤を使用して洗っても大丈夫です。

 

金たわしなどはアルミフライパンの表面を傷つけるので使用は控えましょう。

鉄のフライパンの様に表面に油の膜を作る必要がないので中性洗剤も大丈夫なんです。

 

水やお湯で汚れを大まかに落とした後、スポンジに中性洗剤を付けて、テフロン加工のフライパンと同じように洗ってください。

 

 

1-4 焦げ付いてしまったとき

もしも、アルミフライパンを使っていて焦げ付いたときは、慌てて金たわしなどで擦らないようにしましょう。

 

金たわしはアルミフライパンの表面を削って傷をつけてしまい、焦げ付きや変色の原因となってしまします。

 

焦げ付いてしまったときは、アルミフライパンに水を張って、沸騰させ冷ましてから亀の子たわしなどで擦ると落ちます。

何度も言いますが金たわしはNGです。

 

 

1-5 黒ずんだとき

アルミフライパンが黒ずんだ時も金たわしなどで擦らないようにしましょう。

 

焦げ付きと同じように表面を傷付けるだけで黒ずみを落とすことはできません。

 

黒ずんだ時は、アルミフライパンに水を張って、レモン汁を入れて沸騰させることで黒ずみを落とすことができます。

 

 

 

2.おすすめのアルミフライパン

アカオ DONシリーズ

アカオ製のアルミフライパンは耐食性・耐摩耗性に優れ、普通アルミ材に対し強度が2倍です。

耐久性に優れ、プロの酷使にも充分性能を発揮するフライパンです。

アカオアルミは造幣局に収める1円貨幣の円形製造を行う、高品質のアルミ製品を総合的に扱う企業なんですよ。

アカオアルミ DON アルミフライパン 27cm アルミニウム合金、ハンドル(アルミダイキャスト) 日本製 AHL24027

KIPROSTAR 業務用アルミフライパン

KIPROSTAR 業務用アルミフライパンはさまざまな調理法で用いられます。
また業務用アルミフライパンは軽さと熱伝導の良さが特徴といえます。
プロの調理人が使用しているアルミ製のフライパンです。
アルミ製で加工が施されていませんので、いつでも美しい状態でご使用になれます。

管理人もこのアルミフライパンを使用しています。

値段も安くておすすめです。

KIPROSTAR 業務用アルミフライパン 25cm

アルミ キング 打出 フライパン

アルミ キング 打出 フライパンは打出なので表面の模様がきれいでカッコいいフライパンです。

柄の部分の角度も丁度良く、造りもしっかりしていて、長く使えるフライパンです。

プロにもファンが多いアルミフライパンです。

アルミ キング 打出 フライパン 27cm

 

 

 

補足:その他のフライパンも使用してみよう!

この記事を読んで、テフロン加工以外のフライパンに興味を持っていただけましたでしょうか?

アルミフライパンの他に、鉄フライパンやステンレスフライパンなどもあります。

 

それぞれに使い方や手入れ方法も違いますが、そのフライパンに合った調理を行うことで、普段テフロン加工のフライパンで行っていた料理が一段と美味しくなります。

 

管理人もフライパンはあまりテフロン加工を使わなくなりました。

鉄フライパンやステンレスフライパンについての記事も書いていますので、そちらも時間があるときに読んでみてください。