【やっちまった】ステンレスのフライパンについた焦げの取り方

今日は最近買った調理道具についてのお話です。

先日、ある調理道具を購入しました!!!

 

じゃじゃ~ん!

ステンレスのフライパン買っちゃいました!!

 

見た目シルバーで料理できる感のあるフライパン。
普通のフライパンよりも「俺、出来てる!」感が高いです。笑)

 

今回はアイリスオーヤマのスタイルシェフというステンレスフライパンでなんと!

2,000円前後で買えるステンレスフライパンなんです。

ちなみにサイズは24cmにしました。

ステンレスフライパンは、使い方さえきちんとすれば冷めにくいので余熱で調理出来ちゃうんです。
ソースや煮込み系の料理に向いているフライパンです。

 

テンション上がり色々と試しに作っていると・・・

 

やっちゃいましました!!

 

扱いが難しいと言われているステンレスフライパン。

注意はしていたんですが、

「目玉焼きがくっつかずに焼けるか?」って実験してたら、おもいっきしくっ付いて、

しかも、破れて流れ出た黄身がフライパンにこびり付き焦げ跡として残ってしまいました・・・。涙)

 

買った初日です・・・。

初日からやってしまいました・・・

 

(キレた)反省したので、翌日のに100円ショップでステンレスのフライパンの救済グッズを探しに行きました!
一応、ネットでステンレスフライパンの落とし方などを調べた上で向かいました。

すると・・・

 

「ガンコな汚れスッキリ!ステンレス・アルミのヤケ落とし」というスポンジを購入しました。

 

洗剤は付けずに水にスポンジを濡らして擦るだけ。

極小の研磨剤が入っているので、水で擦るだけでOKのようです。
ダイソーで購入したのでもちろん価格は100円です!

 

 

すると・・・

 

 

じゃじゃ~ん!

 

 

比べるともっとわかりやすい!

使用前

使用後

 

見事にキレイに落ちてくれました!
そんなに力を入れなくても落ちるので、女性でも簡単に落とせますよ!

 

ありがとう!本当に感謝!

「ガンコな汚れスッキリ!ステンレス・アルミのヤケ落とし」

 

 

 

 

ちなみにこれで落ちなければ、その後に重曹がスタンバっていたのですが、今回は出る幕なく済みました。

ステンレスの汚れには重曹もいいようです。
もちろん、こちらもダイソーで売られているので100円です。

 

 

 

ちなみに、今回の汚れは「前の日についた玉子の黄身」でした。

汚れの内容や日数により、落ちない場合もあると思いますのでご了承くださいね。
付いた汚れにはなるべく早めに対応した方が良さそうです。