知ってた??青じそと大葉の違い!

このブログでは料理に関する疑問等について書いています。
ブログの方は毎日ではなく不定期で書いています。

今回は、「青じそ」と「大葉」の違いについて調べました。

 

料理でも良く見かける「青じそ」と「大葉」ですが、何が一体違うのでしょうか?
正直違いって言われてもピンときませんよね?

今日は青じそと大葉の違いについて調べてきましたのであなたにだけこっそりと教えちゃいますね!
友達や家族に自慢しちゃいましょうね!

 

青じそとは??

みなさんが普段「青じそ」と呼んでいるものの正式名称は、シソ科シソ属の「紫蘇(しそ)」と呼ばれてる植物です。

食用として食べられる紫蘇には2種類あります。

●赤じそ
●青じそ

 

赤じそは、全体が赤紫色。
梅干しやしば漬けなどの色付けとして使用されています。

 

青じそは全体が緑色で香が良い。
薬味などとして使用されています。
みなさんがよく食べているので青じその方ですね!

薬味としての青じそは僕も大変好きです。

 

 

大葉とは??

では、大葉とはなんなんでしょうか?
実は、「大葉」は商品名なんです。

 

昭和36年ごろに「大人になった大きな葉っぱ」という意味で「大葉」という商品名が付けられたのです。

 

現在では植物の名前のように「大葉」は使われていますが、正体は「青じそ」。
商品名が浸透して「大葉」と呼ぶようになったのです。

「ウォークマン」みたいなモノですね!
若い人は知らないかもしれませんが、SONYから発売されたポータブルオーディオプレイヤーなんですが、
商品名のウォークマンが有名になりすぎて、ポータブルオーディオプレイヤー自体をウォークマンと呼んでいました。

 

話がそれてしまいましたが、使い方としてはどちらで呼んでも間違いではないのですが、
薬味として使用する場合は「大葉」。
ドレッシングやソースなどでは「青じそ」と呼ばれることが多いようです。

 

栄養素としては、カロテン、ビタミンB2、カルシウムなどを多く含み、カリウムや鉄分も豊富なので積極的に摂ると身体にもイイですよ。

 

また、抗酸化作用と防腐作用が高いので、食中毒を予防する働きも持っています。
ですので、お弁当のおかずとおかずの間に少し挟み込むと色合いもきれいですし、食中毒の予防にもなりますのでとっても便利なんですよ!

 

まとめ

●青じそと大葉は同じもの
●大葉は商品名
●栄養素が豊富

いかがだったでしょうか?
普段何気なく使ってした「青じそ」と「大葉」の違い・・・
みなさんは理解できましたでしょうか?

この他にも料理や食材に関する疑問等があればコメント欄に記入してくれると嬉しいです。
それでは・・・