料理初心者が持っておきたい調理器具9選!

これから一人暮らしをはじめて自炊に挑戦する人や、料理を始めてみたいと言う人におすすめな調理器具について説明します。

 

今は、調理器具も新しいものがどんどんと出てきています。
すべてをご紹介するときりがないので、ここでは料理初心者が最低限持っておいた方がいいと思う調理器具を9アイテムご紹介します。

 

プラスアルファで自分に合った調理器具を集めて行きましょうね!

 

1:包丁

切れやすい包丁を使うと料理が楽しくなります。

 

逆に切れにくい包丁だと、面倒に感じてしまい自分で料理するよりも楽と言う事で、お惣菜やコンビニ弁当、外食中心になってしまいます。

 

ですから、包丁だけはそこそこいいものを購入した方がいいと思います。

 

欲を言えば、三得包丁(16cm~18cm)と小さいペティナイフがあれば十分です。
ちなみに僕は上のグローバルの包丁を使っています。

 

2:まな板

 

まな板はきちんと管理しておかないとばい菌の温床になりますから気をつけましょう。
おすすめは桐のまな板です。

 

早く乾いて、長く使い続けられるのでおすすめです。

 

3:フライパン

焼く、炒めるなど様々な調理ができます。

 

フライパンだけで料理ができる本なども発売されているほどです。
ただ、鉄のフライパンは初心者には扱いにくいのでコーティングがされてある、くっつきにくいものを選びましょう。

 

また、サイズは一人用の20cm程度とまとめて作る用の24cm~26cm程度の2種類ほど持っておくと便利ですよ!
また、一緒にフタも購入しておくと、調理方法の幅が広がりますのでおすすめです。

 

4:ピーラ―

ですので簡単に皮むきができるピーラ―も欠かせない調理器具のひとつです。

 

100円ショップなどにもありますのでそちらでもOK!

 

5:お玉

こちらも100円ショップなどの安いもので事足ります。

 

6:なべ

 

出来たら大きいものと小さいもの2種類欲しいところですが、最初は小さいものが一つあれば十分だと思います。
頻繁に使いようになってから、もう1つ購入してみましょうね。

 

7:ザル

茹でた野菜やパスタなどの水切りで必要になってきます。
持ち手がある方が使いやすいのでそちらがおすすめです。

 

100円ショップでもプラスチック製が売られています。

 

8:木べら

食材を混ぜる時に使います。
100円ショップでも売られています。

 

9:計量スプーン 計量カップ 計量器

これはかなり重要です。
料理上手な人は目分量で測ったりしますが、僕はおすすめしません。

 

きちんとレシピ通りの分量で測ることで、失敗を防ぐことが出来るので、決して目分量ではなく、計量スプーン・計量カップ・計量器を使って食材や調味料の量を計りましょう。

 

計量器はデジタルのものの方が使いやすいのでおすすめです。

 

 

以上、料理初心者におすすめの調理器具10選!でした。
あなたが毎日楽しく料理できると嬉しいです。