iPhoneのリマインダーを買い物リストとして活用すると便利!

今日は買い物の時に書く「買い物リスト」についてです。

みなさんは買い物に行くときに「買い物リスト」ってどうしていますか?メモや広告の裏に書いたりしている人を良く見かけます。でも、そのリストごとどこに入れたか忘れてしまう・・・。なんて人にはおすすめの記事になっていますよ。

今回紹介するのはiPhoneに最初から入っているリマインダー機能についての説明をしたいと思います。iPhone使ってないアンドロイドの人も似たようなアプリを探せばありますので、まずは記事を読んでみてくださいね!

iPhoneを使っている人はリマインダー機能を使うととっても便利ですよ!

↑リマインダー機能っていうのはこういうやつです。

↓タップして開くとこんな感じの画面が出てきます。

リマインダーでは、色々なリストを作ることができます。
買いたいものや見たい映画や本、行ってみたいお店など・・・
様々な事柄をリマインドできます。

 

見たいリストをタップするとこんな感じに表示されます。

 

「+」ボタンをタップすると項目を追加できます。
買い物する物を思い出した時にすぐに入力しておくと便利です。

 

買ったものは「〇」をタップすると表示されなくなるので、残っているものがまだ買い物していない。
という風にわかりやすくなっています。

 

この機能を使い出してから、買い物前にリストを作成する時間も無くなりますし、
思い出した時に追加できるので、買い忘れが無くなりました。

人間の記憶力って結構いい加減なんですよね!笑)
しかも年を取るごとに年々落ちていってる気がします。

そんな時にこのリマインダー機能は本当に便利です。
アンドロイド版でもいくつかアプリがあるようなので使ってみてください。

また、iPhoneのリマインダーには通知機能もあるので、今日の予定や、やらないといけないことなどを入力しておくと後から通知もしてくれるので便利です。

もともと「リマインド」という言葉はビジネス用語で、「思い出させる」という意味を持っています。
日本語で言うところの「再確認」や「念押し」といった言葉に当てはまります。

普段から買い物でリストを使っているけど、リスト自体を失くしてしまう。。。なんていう方にはこのリマインダー機能はとってもおすすめですね!

ぜひ、おすすめなのでiPhoneを使っている人は試してみて下さい!