(動画あり)鉄のフライパンの洗い方と手入れ方法

こんにちわ、おうちごはん男子です。

我が家では普段の料理の際は鉄のフライパンを使っています。

 

鉄のフライパンだと目玉焼きひとつとっても、かなり美味しく出来上がります。

以来、鉄のフライパンのヘビーユーザーです。

 

でも、鉄のフライパンって聞くと、
「手入れが面倒」
「重たい」
「使いにく」
など、たくさんのマイナスイメージがあると思います。

しかし、料理初心者ほど、美味しくできる鉄のフライパンがおすすめです。

確かに、重量は普通のフライパンに比べて重いです。

手入れもきちんとしないとサビてしまいます。

しかし、簡単な手入れをすれば長く使えるアイテムですし、何回もいうようですが、料理が美味しく仕上がります。

 

今回は、そんな鉄のフライパンの洗い方と手入れの仕方をご紹介します。

若干、人により手入れ方法は変わってきますが、僕が普段やっている方法は簡単ですのでおすすめです。

 

ちなみに我が家では、柳宗理の鉄のフライパンを使っています。

デザインがかっこいいので気に入っています。

 

鉄のフライパンの洗い方

まずは、鉄のフライパンの洗い方です。

基本、鉄のフライパンには洗剤は必要ありません。

 

表面に油の膜をつけていた方がいいので、むしろ洗剤は使わない方が良いです。

洗い方はといいますと・・・

 

お湯または水を流しながら、たわしでひたすらゴシゴシ・・・のみです。

これだけでOKです。

簡単じゃないですか?

 

そうなんです。

鉄のフライパンは洗うのが本当に楽なんです。

 

普通のフライパンは油のヌルヌルを落とすために洗剤を傷つかないスポンジに含ませて・・・と面倒ですが、

鉄のフライパンはたわしゴシゴシのみでOKです。

 

鉄のフライパンの手入れ

さあ、洗い方は簡単でしたが、鉄のフライパンに踏み切れない人の最大のネック「手入れ」についてです。

まず、洗い終わったフライパンはキッチンペーパーなどで水滴をきれいに拭きあげます。

 

その後、コンロで煙が出るまで火にかけます。

煙が出たら火を止めて、冷めるのを待ちます。

 

冷めたら、油(我が家ではオリーブオイル)を大さじ1程度垂らし、表面と裏面に塗っていきます。

この時もキッチンペーパーが活躍します。

 

急ぎの時は、冷める前に油を塗りますが、この時はフライパンが熱いのでやけどに気をつけてください。

 

火にかけずに、水滴をとったあと油を塗りこむ場合もあります。
(普段の手入れはこの作業でいいのかも)

 

 

普通のフライパンに比べたら、油を塗りこむ工程が手間と言えば手間ですが、たったこれだけで長く使えるのだったら特に問題はないと思います。

 

また、この一手間をかけることで、僕の場合ですが愛着が生まれます。笑)

手がかかる子の方がかわいい的なやつです。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

鉄のフライパンは手間がかかるといっても油の塗りこみだけです。

 

それよりも美味しい料理が毎日食べられる方がよくないですか?

そんなこんなで鉄のフライパンおすすめです!

 

 

 

応援よろしくお願いします↓