知ってた?? バターとマーガリンの違いとは??

こんにちわ、おうちごはん男子です。
寒い季節になってきました。

 

こんな季節になるとクリームシチューやグラタンなどの温かいごはんが食べたくなりますよね。
そんなシチューやグラタンでよく使うバターってマーガリンとどう違うんだろうか?

 

よくレシピでは、バターの代用品としてマーガリンを使う場合があるが・・・
そこで今回は、バターとマーガリンの違いについて調べて見ました!

 

バターとは??

バターは牛乳から分離したクリームを固めたもの。
主成分は乳脂肪で、ビタミンAをはじめとする各種ビタミンや栄養素を多く含んでいます。

 

バターを100g作るのに牛乳が4.8リットルも必要なんですって!
種類としては塩を入れた「有塩バター」と「食塩不使用バター」とがあります。

 

「食塩不使用バター」は以前まで「無塩バター」と表記されていましたが、厚生労働省の表示基準で生乳にわずかに塩分が含まれているので、「無塩」という言葉が使えなくなり、「食塩不使用」と表記されるようになりました。

 

マーガリンとは??

マーガリンはもともとはバターが高かったので、代用品として作られた食品です。
日本ではもともとマーガリンのことを「人造バター」って呼んでいたそうです。(なんか怖ぇ~よ。笑)

 

マーガリンの原料は油脂に醗酵乳と食塩など。
また、マーガリンと一言でいってもJAS規格で決まっていて、油脂含有率が80%以上のものがマーガリンで80%以下のものがファットスプレッドと分類されます。

 

日本で売られているマーガリンのほとんどがファットスプレッドに分類されるそうです。

 

 

まとめ

●バターは主原料が牛乳。
●マーガリンは主原料が植物性・動物性の油脂。
●原材料が全然違う。

 

応援よろしくお願いします↓