ピーマンとパプリカの違いって??収穫時期ではなかった!

こんにちわ、おうちごはん男子です。
先日、アクアッパッツァを作っていて思ったんですが、ピーマンとパプリカって何が違うのか?
もしかしたら同じ仲間なのでは??
とギモンを持ちました。
今回はそんなギモンを解決するために、ピーマンとパプリカの違いを調べました。

ピーマンとは??

ピーマンは南アメリカの熱帯地方を原産地とするナス科トウガラシ属の一種のようです。
日本では、辛いものをトウガラシと呼び、辛くないものはアマトウガラシと区別するそうで、ピーマンやパプリカはアマトウガラシに区分されます。
ピーマンは、戦後に日本の一般家庭で広まりました。
ピーマンはパプリカに比べ苦味があります。
また、見た目の緑色は収穫時期が早いので緑色なだけで、熟していくとパプリカのように黄色・オレンジ・赤と色が変わっていきます。
これがカラーピーマンと呼ばれます。
しかし、カラーピーマンは歯ごたえが無くなりますので、炒めもの料理には向かなくなります。

パプリカとは??

パプリカが日本に入ってきたのは、1993年と比較的最近のことです。
先ほど説明したように、ピーマンが熟すとカラーピーマンになるのなら、
カラーピーマン=パプリカなのか?
いえ、カラーピーマンとパプリカは違うものです。
2つの一番の違いは、肉厚と形です。
パプリカはピーマンに比べて肉厚で大きいです。

さらに栄養面ではパプリカの方がピーマンよりも多いんです。

 

色によって栄養素が違うのですが、
●赤パプリカ=カプサイシン(老化防止)
●黄パプリカ=ビタミンC(シモ、ソバカス防止)
●オレンジパプリカ=赤と黄のあいだ
という効果があります。

 

 

まとめ

ピーマンはパプリカに比べ肉薄で小さい。
ピーマンは未熟な状態で収穫される。

 

パプリカはピーマンに比べ肉厚で大きい。
色によって栄養素が違い、ピーマンよりも栄養素を多く含んでいる。

 

応援よろしくお願いします↓