スパゲッティとパスタの違いって知ってる??

こんにちわ、おうちごはん男子です。

みなさんはスパゲッティとパスタの違いってわかりますか?

 

おじさんやおばさんはよく「スパゲッティ」といいますが、若い人は「パスタ」って言いますよね!

オシャレな言い方かオシャレじゃない言い方・・・

 

いやいや、ちがいますよ!笑)

 

今回はスパゲッティとパスタの違いについて調べました。

 

スパゲッティとは??

スパゲッティとは、もともとイタリア語で「ヒモ」を意味する言葉で、本場イタリアでは直径が2mm前後の細長い麺のことをスパゲッティといいます。

 

麺の太さによって名前が変わります。

 

スパゲッティよりも細いものは、フェデリーニやカペッリーニがあり、太いものはヴェルミチェッリという麺があります。

 

パスタとは??

パスタは小麦粉を練って作る麺類の総称です。
ですから、スパゲッティもパスタというカテゴリーの中の一つなんですよ。

 

だから、マカロニやペンネ、ニョッキなんかもパスタになるんです。

 

図にするとこんな感じです。↓

もっとわかりやすく言うと、車で言うと「四駆」がスパゲッティで車がパスタです。

 

まとめ

よーするに、パスタはイタリアの麺類の総称。

スパゲッティはパスタの種類の中の1つで太さ2mm前後のもの。

ということです。

わかりました??